食欲の秋、もっと肉食!そしてそこに辿りつくための真相とは?

画像


http://kelly-net.jp/e-book/e-book/_SWF_Window.html
http://kelly-net.jp/e-book/e-book/index.html?pagecode=1


★第1特集
食欲の秋、もっと肉食!
焼肉 ホルモン ステーキ 餃子

肉はテンションが上がる。

プリッ、フワッ、コリッの食感が楽しいホルモンは今や女子たちのスタンダード。
さらに、トレンドど真ん中のうま味がギュッとつまった赤身の塊肉や骨の周りが特においしいTボーンは
外せない。

そして、とろけるような霜降り(高値の花!)だってやっぱり文句なしにうまい。

今回はそんな「肉」の3大メニューである焼肉・ホルモン・ステーキに
肉汁ブッシャーの餃子をつけてスタミナメニュー4本柱で豪快にお届け。

食欲の秋だもの。カロリーなんて気にせずに思いっきり「肉食」を!


肉食に関するお店満載です。

ちなみに・・・・
とろけるような霜降り(高値の花?高嶺?に掛けてるのかな?
・・・・上手い、美味い、旨い。


ここで独り言(ひとりごと)

「牛肉の、価値と価格は比例する。
 価格と味覚は、比例せず?」

※価値と価格は、そのものに比例して正直であるはず。
  しかし、その価格に応じて好みや味覚が合致するかどうかは、それぞれである。


伊賀牛(いがうし)についてのお話し。


最近では・・・
熟成肉が話題になっておりますが、

伊賀肉は、

旨みや、肉質を最良にするために、

熟成は、当然のごとく、
昔から行われている。

さまざまなブランド牛が存在するが、

伊賀牛(いがうし)は
雌の未経産(処女)牛のみに限定している。

さらに、牧場と直接庭先取引で
厳格なる目利きと、優秀な種牛の血統を厳選した
雌牛を1頭まるごとを購入する。

屠畜(牛を割る。食すために、いのちをいただく。)後、

枝肉(半身)のまま、適度に熟成する。

これは、
黒毛和牛肉の
高嶺の中の高嶺。

希少であり、貴重。

数に限りがあるため、
数量限定の逸品。

一度は食してみる価値ありです。


高嶺(たかね)は高値(たかね)。

当然、値をいとわないところに上質な肉はまわります。
されど、どのブランド肉にもその上質な肉は存在するはずなのです。

たまたま意識せず、食する機会があれば幸運。

しかし意識して探すと見当たらない。

そんなものなのです。

次に食べたら、前とは違う。
一期一会なんです。

当たり前ではなく、有り難いものなのです。
すべての食材、すべての事柄においてでしょうが、

探すとしたら、当店で扱う肉が近道となれれば幸いです。

なぜなら肉好きな私が、ストライクゾーン広めな私が
このような旨い肉に出会ったからです。

希少品のため、さすがに目の前にありながら手はつけません。

本当に旨い肉を知るなら、ぜひ




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック